めぐり来る季節のビデオ Megurikuru Kisetsu
MENU

作品一覧

取材記 INDEX

17. 南足柄の「春めき桜」
神奈川県南足柄市、春めき桜の取材に行きました。春めき桜は早咲きの桜で、ソメイヨシノの少し前に咲きます。
最初に一の堰ハラネを訪ねましたが、斜面にひな壇のように植栽されていて、面で咲き誇る桜が良かったと思いました。

16. 根府川の「おかめ桜」
小田原市根府川(ねぶかわ)の「おかめ桜」を訪ねました。
おかめ桜は寒緋桜と豆桜を交配した栽培品種で、イギリスで生まれました。

15. 相模湾越しに見る冬の富士山
相模湾越しに見える冬のきれいな富士山を見たくて、葉山町に行ってきました。
あじさい公園や大峰山は海岸より高さがあるので、海が広く見えました。

14. 紅葉の大山寺
神奈川県の大山にある紅葉の名所、大山寺を訪ねました。前日に雪が降りましたが、
当日は晴天で、きれいに色付いた紅葉を撮ることが出来ました。

13. 春の新潟 〜加茂・長岡・越後湯沢〜
加茂市の加茂山公園、長岡市の越後丘陵公園と悠久山公園、湯沢町の湯沢中央公園を訪ねました。
雪椿、紅枝垂れ桜、雪割草、チューリップなど、春の花を取材してきました。
関連作品…「四季の新潟」

12. 京急久里浜線
三浦半島の南、久里浜線を走る京急の電車を取材しました。久里浜線は堀ノ内駅から三崎口駅までの
約13.4Kmの路線です。すぐ近くには海が広がり、2月には河津桜が咲きます。
関連作品…「京急久里浜線」

11. 秋の丹沢湖
2015年11月、神奈川県山北町にある丹沢湖を訪れました。首都圏から日帰りで行けるので、
気軽に四季の彩りや湖の景色を楽しむことが出来るところだと思います。

10. 紅葉の奥只見・秋山郷
新潟・福島県境の奥只見、南魚沼市の三国川ダムしゃくなげ湖、
津南町の見玉公園、長野・新潟の県境の秋山郷の取材記です。
関連作品…「四季の新潟」

9. 夏の佐渡
数多くの自然景観に恵まれ、金銀山などで知られている佐渡に取材に行きました。
トキの森公園、尖閣湾達者海岸、真野湾河原田海岸、尖閣湾揚島遊園を訪ねました。
関連作品…「四季の新潟」

8. 桜の金沢・能登鹿島
金沢市の桜と、のと鉄道に乗って能登鹿島駅の桜を取材しました。
金沢は兼六園、金沢城公園、犀川、浅野川、卯辰山公園、大乗寺丘陵公園、
弥生さくら公園、主計町茶屋街、などの桜の名所を訪ねました。
関連作品…「桜紀行 金沢 能登」

7. 冬の新潟
2015年1月、冬の新潟を訪ねました。上越市高田公園、長岡市悠久山公園、
阿賀野市水原の白鳥の瓢湖、阿賀野川の流れる阿賀町津川に行きました。
信越本線や磐越西線などの、車窓からの冬の景色もよかったと思います。
関連作品…「四季の新潟」

6. 大雄山最乗寺の紅葉
神奈川県南足柄市にある大雄山最乗寺の紅葉の取材に行ってきました。
大雄山最乗寺は曹洞宗の大きなお寺で、箱根外輪山の明神ヶ岳の中腹に位置します。
モミジの赤がとてもきれいで、残り少なくなった秋に、彩りをそえてくれます。

5. 秋の青森 〜十和田湖・奥入瀬渓流・八甲田山・岩木山・龍飛崎〜
秋の青森県に取材に出かけてきました。青森駅周辺、十和田湖〜奥入瀬渓流、
八甲田ロープウェイ〜田茂萢岳山頂、津軽岩木スカイライン〜リフト〜岩木山九合目、
津軽線〜外ヶ浜町営バス〜龍飛崎、それぞれにいいところだと思いました。
また、移動中、路線バスや鉄道から見える秋景色がとてもきれいでした。
関連作品…「四季の彩り」

4. 桜の弘前
桜の季節、弘前公園に何回も訪れていますが、いつ行っても素晴らしいと思います。
今回は天候とタイミングに恵まれて、満開から散り終わりまでを撮影することが出来ました。
また、市内の弘前天満宮、岩木山神社、世界一の桜並木も取材をしてきました。
関連作品…「桜紀行」、「四季の彩り」

3. 冬の八戸・十和田湖・奥入瀬渓流
雪の降る冬の景色に心が魅かれることがあります。1月下旬、八戸から十和田湖、奥入瀬渓流を訪れました。
ひと気の少ない奥入瀬渓流沿いの国道をゆっくりと歩いて、冬の風景を撮影してきました。
関連作品…「四季の彩り」

2. 秋の白馬五竜・栂池・八方尾根
長野県の白馬五竜、栂池自然園、八方尾根に取材に行きました。
山岳地帯の秋は早く、平地ではまだ秋の始まりでも、山麓より上は紅葉が見ごろになっています。
山岳紅葉はスケールが大きくて、といも美しいと思いました。
関連作品…「四季を旅して」

1. 新緑の八戸・十和田湖・奥入瀬渓流
新緑の季節の取材記です。八戸市では蕪島、種差海岸、櫛引八幡宮、三八城公園を訪ねました。
十和田湖は休屋から子ノ口へ遊覧船に乗って渡り、奥入瀬渓流を子ノ口から三乱の流れまで取材をしました。
関連作品…「四季を旅して」

copyright (c) 2017 Hideichi Suzuki All right reserved